2011年07月01日

浜町河岸・・・

 ♪ 向うから来る 小提灯 夜風に消える 命とも 知らぬ
     箱屋の 峰吉が  ハッと驚く 白刃の光
     
    ほんに思えば 私ほど この世で 不幸な者はない
     小さい時から 浮き川竹の 流れに
      エー 映る ウー 乱れ髪 
 
     恋の花井の お梅の眉を
      細い柳に 偲ばせる 浜町河岸の 宵の三日月    



  
  【解説】
  明治26年6月9日夜に 『粋月』の女将 花井お梅が 
  箱屋の峰吉を殺した事件を題材にしている。
  小唄では 『青柳の糸』 『月梅薫朧夜』『花井お梅』
  『仮名屋小梅』などで演じられた。
     ↓
  「明治一代女」で有名






posted by 美きえ at 09:54| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。