2015年09月04日

<秋の七草>

 ♪ 秋の七草 虫の音に 鳴かぬ蛍が身を焦がす
    君を待つ(松)虫 鳴く音に細る
     恋という字は 大切な

 ♪ 桔梗 刈萱(かるかや) 女郎花 萩に恨みの片まくら
    風は君かと よもやの窓に 
     尾花 なでしこ 藤袴



   【解説】
    初秋 蛍の命は 秋まで残っている事があり 淡い光を放っていた。
    軒下から聞こえる松虫の鳴き声は 恋しい人を待つように か細く聞こえる。
    そんな女性の心情を唄ったものである。


posted by 美きえ at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。