2009年04月15日

腹の立つ時・・・

 ♪ 腹の立つ時や 茶碗で酒を呑めど 呑めぬ
    呑めぬ酒なら助けてもやろうが 嫌なら粋興なおかしゃんせ
     おっと そこいらが 口説の種となる



  [解説]
  19世紀前半、上方で流行。
  文政5年頃(1808)、清元の一節に挿入されてから 
  江戸の端唄として市井に広まった。
posted by 美きえ at 14:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ♪ 尻の出る時や ちかんで罪を被れど 触れぬ
    さわらぬ神なら助けても野郎が 胸ならすこぶる好きしゃんせ
     おっと そこいらが 自白の種となる
Posted by 猪口山人 at 2009年04月17日 02:45
猪口山人さま♪
いつも 楽しい替え歌をありがとうございます。
最近は夫も 電車では\(^0^)/をしているようです(汗)
Posted by 美きえ at 2009年05月05日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117510658
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。