2009年10月01日

弓張月

 ♪ 弓張月の 影暗く 通う振りして 忍んで聞けば 
    沖津白波 立田山
     夜半には 君が ひとり越ゆらん

 ♪ 寝ぬ夜の 耳に こおろぎの 
    あれも独りか 待つ身は同じ 
     辛気辛苦のおきふしを 月にも隠せ 露の裏木戸


posted by 美きえ at 08:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風吹けば…これは在原業平が詠んだ和歌なんですねぇ
なんとも切ない唄です・・
Posted by 迷也 at 2009年10月10日 15:38
迷也さま♪
いつもコメントありがとうございます。
仰る通り 在原業平の作品の一部ですねぇ〜〜

私も よくわからないので調べてみますと この女性は 本当に心優しい・・というか 現代では
あり得ない感じの方ですね!!
でも その気持ちが通じたのか 主の気持ちがこちらに向いてくれましたが それまでの間はさぞ切なかった事でしょう。。 
Posted by 美きえ at 2009年10月12日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129235580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。