2006年02月23日

<深川>

♪  猪牙(ちょき)で セッセ 行くのは深川通い サテ 渡る桟橋を
    アレワイサノサ いそいそと 客の心はうわの空 飛んで行きたい
     アレワイサノサ 主のそば

♪  駕籠で サッサ 行くのは吉原通い サテ 上がる衣紋坂
    アレワイサノサ いそいそと 大門口を眺むれば 
     深い馴染みが アレワイサノサ お楽しみ

♪  坊さま 二人 芳町通い キタサ 上がるお茶屋は 
    アレワイサノサ いそいそと サテ となり座敷は 大陽気 
     さえつ 押さえつ きつねけん



   [解説]
    
    梅坊主によって広まり、文政(1818〜1830)の時代が全盛。

posted by 美きえ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13682913
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。