2010年02月01日

東の月・・・

♪ 土佐の高知のネ 土佐の高知の播磨屋橋は 
    燃える想いの 紅の橋
     鋳掛け屋小町のお馬さん 竹林寺の順心と 
    人目を忍ぶ仲となり かんざし買って 噂の 
     アラ 本当に種だね

 ♪ 四国名所はネ 四国名所は 黒潮おどる 
     室戸 足摺 海の幸 讃岐うどんに 伊予みかん 
    金比羅さまに 願掛けて 八十八の寺参り
     石鎚山に朝日が アラ 本当に 登るね






先ほどは ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
試聴のご用意が出来ましたので お楽しみくださいませ。

今後も もうしばらくはアップしていきますので 
よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く お願いします(^-^)V  




posted by 美きえ at 16:43| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よさこい節以外で順心(純信)とお馬が登場する唄は初めて聴きました
お馬さんは明治31年に亡くなったといわれていますから。。。
この唄が出来たのはその後で・・あって欲しいですね?

二番までの歌詞は四国のことばかりですけど、タイトルが東の月?
なんとなぁく・・不思議ですねぇ。。
Posted by 迷也 at 2010年02月06日 08:55
迷也さま♪
この唄は ご当地ソング的なんですが結構好きです。
そういえば 『東の月』というのは不思議ですね!!
Posted by 美きえ at 2010年02月07日 00:22
ご無沙汰しています。
この唄は「二上りさのさ」とも呼びますね。
♪阿波の鳴門のネー
という文句もありますが、これも
巡礼お鶴で、四国のものです。

最後の、アラ本当に種だね の部分の
節回しが、どこか投げやりで
おもしろく、好きな唄です。
Posted by みんみん at 2010年06月15日 14:52
みんみんさま♪
こちらこそ、ご無沙汰しています。

『二上りさのさ』というのですか。。
またまた貴重な情報をありがとうございます。
お座敷唄(民謡と端唄の間にある)の感じがしますね!!
Posted by 美きえ at 2010年06月16日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139961001
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。