2006年03月28日

<御所車>

♪  香に迷う 梅が軒端に匂い鳥、花に逢瀬を待つとせの
      明けて嬉しき懸想文(けそうぶみ) 開く初音のはずかしく
     まだ解けかぬる薄氷 雪に想いを 深草の百夜も通う恋の闇
       君が情けを仮寝の床の 枕片敷く夜もすがら



   [解説]

   嘉永(1848〜1854)の頃に盛んに唄われた。
   早春をうたいあげ、深草少将の百夜車の故事を持ってきて
   恋心のゆかしさを描いている。

  軒端   :軒のそば 軒の端
  匂い鳥  :鶯
  仮寝   :うたたね
  片敷く  :衣の片袖を敷いて淋しく一人で寝る
  懸想文  :恋文
  夜もすがら:夜のあいだずっと
posted by 美きえ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15612461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。