2006年06月20日

<義太夫くずし>

  ♪ 逢いに来た(北)やら 南やら 観音さまを かこつけて
     お染さんは野崎村 思い切りかみ 久松に
      お光は覚悟の白小袖 パッと舞台は舟と駕籠

  ♪ 長右衛門はんは 四十六 背負う恋路の 桂川
     お半さんは 十六で つぼみの花を散らすとは
      思案の他じゃと 人の口 立つや 浮きなの伊勢参り

  ♪ 恋の炎は 身を焦がす 小姓吉三に 逢いたさの
     身は振袖の 乱れ髪 登る櫓は 火の地獄
      お七は狂いの段鹿の子 ジャンと打ったは 江戸の花


posted by 美きえ at 09:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!江戸と言うのは、その地名で歴史があるのですよね。
その土地の昔はどうだったんだろう?なんて思いながら聴くと、歴史やその土地に興味津々ですね。

Posted by すずっち333 at 2006年06月23日 01:29
すずっちさん♪
いつもご贔屓にありがとうございます。
そうですね!!

>その土地の昔はどうだったんだろう?

・・と 思い巡らして下さるのは とても嬉しいですね!!
ましてや いつもは 純邦楽にそれほど深い関わりがあるとは思えない方達に。。。
今後とも 皆さんのイマジネーションを邪魔せずに 心地よい音を提供していけるように頑張ります。
これからも時々覗いてみて下さいませね。。
Posted by 美きえ at 2006年06月23日 12:33
我々の仲間にも三代の江戸っ子は残念ながら少なくなりました、ですが何人かはまだ頑固爺いがのこっています
長生きしてほしいものですね
Posted by 二番組 at 2006年06月24日 17:11
Posted by 二番組 at 2006年06月24日 20:58
江戸っ子いいですね〜 我々の仲間も三代の江戸っ子は残念ながらずいぶん少なくなりました、残り少ない頑固じじいに長生きしてもらいたいものです      「 イロと仕事師ゃ二番にかぎる 江戸の華なら    男なら、なぜか三番出が遅い」あ〜こりゃこりゃ〜
Posted by 二番組 at 2006年06月24日 20:58
二番組さん♪
そうですね・・昔の”江戸っ子らしい”・・という人は ずいぶん少なくなりましたよね!!
実は私の祖父は 生きていたら 正しくその『江戸っ子』ですよ!!
着流しがメチャメチャ似合う 何だか仁侠映画にも出てきそうな 粋な祖父 その祖父が いたずらで 三味線を弾いていたらしく 隔世遺伝・・なのでしょうか?(笑)
粋な頑固爺さんみたいな人の しゃべり方が私は好きです!!v( ̄ー ̄)v
Posted by 美きえ at 2006年06月25日 17:38
地震、大丈夫でしたか?

先日、勝太郎さんの「さわりくずし」の
レコードを手に入れたのですけれど、
この唄と同じでした。

「さわりくずし」では、
♪女姿に身をやつし〜
と始まる文句も唄われています。
盤の状態が悪くてよく聞き取れないのですが、
弁天小僧ですね。歌舞伎の。
義太夫や歌舞伎などの「さわり」を
寄せ集めたという意味で、
「さわりくずし」と呼んだのでしょうか。

ほかにも、勝太郎さんのでは
♪思えば、思えば、思えば〜
 思えば涙が先に立つ
などの文句が唄われてます。
何の「さわり」かはよくわかりませんが…

美きえさんの「義太夫くずし」、
江戸前で歯切れがよくて、
大好きです。繰り返し聴いています。
いつも、いい唄をありがとうございます。
Posted by みんみん at 2011年03月14日 03:31
みんみんさま♪
>義太夫や歌舞伎などの「さわり」を
寄せ集めたという意味で、
>「さわりくずし」と呼んだのでしょうか。
   ↑
なるほど・・そうかもしれませんね!!

私も端唄・俗曲を長年お稽古していますが 和物はみな繋がっていて
ある意味 そういう基礎知識があると2倍も3倍も楽しめるのです。

ご存じかどうかわからないので URLを入れておきますが
繋がりの事について記しています。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
    ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/dodoi2810
Posted by 美きえ at 2011年03月15日 10:16
URLを教えてくださいましてありがとうございます。
とても興味深く、またわかり易い内容ですね。

>和物はみな繋がっていて

ほんとうにそう思います。
今まで、端唄や小唄、また流行小唄ばかりに
興味があって、義太夫や清元、長唄、新内、
常磐津などの知識が全くといっていいほど
ありませんでした。

最近、自分のサイトに解説を加えようと思って
少しずつ調べたりしています。

本当に、基礎知識があるのとないのとでは
大違いで、今さらながら納得することも多いです。
また、わからないことがあったら教えを請うことも
あるかと思いますが、そのときはよろしくお願いします。
Posted by みんみん at 2011年03月15日 20:20
みんみんさま♪
みんみんさまも 新しい試みを始めるのですか?
和物初心者の方達に へぇ!へぇ!・・・と新鮮な驚きを
与えられるだけでなく より親しんでいただけるような解説を
お待ちしております。
こちらこそ 今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 美きえ at 2011年03月15日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック