2007年03月11日

<伊勢音頭>

  ♪ お伊勢ナー 参りは内宮外宮 ハア ヨーイヨーイ
     八十末社は ヤンレ 宮めぐり
    *ヤートコセー ヨイヤナ アリャリャ 
          コレワイナ コノナンデモセー*

  ♪ 伊勢はナー 津でもつ 津は伊勢で持つ
     尾張名古屋は ヤンレ 城でもつ
    * くり返し *

  ♪ お伊勢ナー 七度 熊野へ三度
     愛宕さんへは ヤンレ 月参り
    * くり返し *


  末社:本社に附属した小さい神社

【解説】
三重県民謡。
歌詞の「ヤートコセー」の部分は、「木遣唄」の雰囲気を残しているとされる。
江戸時代以降、三重県の伊勢神宮にお参りをするという「伊勢参り」は、
メッカ巡礼のごとく盛んに行われていたが、参拝者が各地へ持ってかえって
この唄を伝えたということも十分に考えられる。

posted by 美きえ at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35742509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。