2013年06月05日

心でとめて・・・

 ♪ 心でとめて帰す夜は 可愛いお方のためにもなろと
       泣いて別れて又ごげんもじ
    猪牙の蒲団も夜露に濡れて あとは物憂き独り寝するも
       ここが苦界の真ん中かいな

posted by 美きえ at 19:36| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

あちこち検索してたどり着きました。
先日友人と話していて、友人のお父様(施設にいます)がよく口にされる歌のことを聞き、その詳しいことがわからないかと思っています。

歌詞も一度聞いただけなのではっきりしませんが・・・
後ろ姿があんまり似ていたので声をかけた、というような内容で最後に「だまっててね」と繰り返していました。

内容的には色っぽいものなので端唄ではないかと友人は言っていましたが・・・十八番は「高砂」だそうです。

雲をつかむような話で済みませんが何か手がかりがあればと思いメールしました。
Posted by おおくぼちづこ at 2013年06月12日 10:55
おおくぼさま♪

申し訳ありませんが 私にはわかりません。

小唄ではないかと思いますが おそらく そこまで(多くの曲)を把握していらっしゃる
お師匠さまは なかなかいらっしゃらないだろうと思います。
Posted by 美きえ at 2013年06月12日 13:38
大変ありがとうございました。

もう少しさがしてみます。
Posted by おおくぼちづこ at 2013年06月13日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365321301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。