2007年04月25日

<紀伊の国>

  ♪ 紀伊の国は音無川の水上に
     立たせ給うは船玉山 船玉 十二社 大明神
    サテ 東国に至りては 玉姫稲荷が三廻へ 狐の嫁入り
     お荷物を担ぐは合力 稲荷様
      頼めば田町の袖摺の さしずめ今宵は待女郎
    コンコンチキナ コンチキナ 仲人は真っ先
     真っ黒、黒な九郎助 稲荷に包まれて
      子までなしたる信田妻



   [解説]
 
   上方の流行が明治に東京に移った。
   立花家橘之助が得意とした。
   19世紀前半に和歌山や大阪で流行した「祭文」が原形。
   紀州の”神おろし祭文”で始められ、音無川を江戸の
   それと掛け 今度は江戸 吉原周辺の稲荷社七つを
   詠み込んで 荘重と軽妙 鮮やかな変化が楽しめる曲に
   なっている。

   待女郎:婚礼の際に花嫁に付き添って世話をする人


posted by 美きえ at 10:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。